So-net無料ブログ作成
検索選択

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#78 PIRELLI P-ZERO NERO GT レビュー [ABA-NK4M]

腐士コーポレーションの洗礼を受け胸くそ悪いイメージしか持てなくなっています、PIRELLI P-ZERO NERO GT ですが。
DSC00955.jpg

タイヤの接地感が軽く、ハンドルへの入力も大きくなくタイヤが進行方向に向きます。おかげで車庫入れが楽になりました。今までと比べて軽すぎて不安になりますが、旋回性も良好です。と思いたいところですが、センター部分のハンドル感がゆるく、ハンドルを切ってからある程度の切り角から突然曲がり出す感じが、速いハンドル操作の時に顕著に表れるようです。
逆に細やかな操作の時は、挙動がおだやか、と言いたいところですが鈍いです。
そのせいもあってか、タイヤがどの方向を向いているのかつかみにくいときがあります。

強めのブレーキングや山岳道路でも特に不安になることはありませんが、荒れた路面での中速カーブでは、わずかですがリアが滑り、一回だけ横滑り防止が働きました。

中央部のスリットが進行方向に対して横向きにならないよう工夫されていて、この恩恵かロードノイズがほんの少し低くなっていると思います。ショルダー部のブロック形状にも、もう一工夫があればもう少し軽減できると思いますが、左右非対称設計までされていてブロックパターンも形状が2種類くらいあります(たぶん)。そこまで文句も言えません。

燃費は1km/L位下がっていると思います。

全体のイメージとしてはうすーーいフィルターを介して情報が伝わってくる感じです。

もう一度買うかと問われたら間違いなく買いませんと答えます。素人の戯言です。




トラックバック(0) 

トラックバック 0