So-net無料ブログ作成

CANON EOS 50D 修理その2 [写真]

P1060603.JPG

半押し状態からシャッターが切りずらくなりました。

検索してみると、頻度の高いレリーズスイッチ不具合のようです。

大分から帰ってきました。

P1060608.JPG
P1060610.JPG
P1060609.JPG
2016年02月22日09時53分18秒_001.jpg
予想通りです。

見積もり確認の連絡はいらないと申し込みましたが、
発送しますとの連絡も何もなしに届きました。
しかも代引き。
かろうじてお金があったので助かりましたが、もしなかったら二度手間でした。

このご時世なのでしょうか、交換した部品が入ってきません。
本当に交換したのかこれではわかりません。

カメラはすこぶる調子がよくなりました。


タグ:Canon
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#62 触媒装置の警告灯 その後 [ABA-NK4M]

帰り道、触媒装置の警告灯が点灯。

よくある電装系の接触不良かな?
と思いつつ走行。なかなか消えず。結局家に着くまで点灯。

まあまあ心配になりDラーに電話。
整備士の方の都合がつかず、入庫は少し後になりそうといわれていました。

その後連絡が来ましたので、車検を前倒しして一緒に見てもらうことにしました。

整備の方から電話が来ました。初めての方です。
整「以前交換したO2センサーに異常が見られました。」
整「燃料が一番濃い状態でロックされた状態で、スパークプラグがかぶってました。」
整「現象は見られませんでした。話のあったノッキング音もありませんでした。」

ここから質問コーナーです。

整「いつもは通勤で使っていてあまり回していませんか」
整「メーカーからは、このような車なので回した方がいいと言われています。」
私「回していないというのは何回転くらいをイメージしていますか」
整「2~3000回転くらいです。」
私「たしかに通勤では確かにそのくらいです。回しているというのは何回転くらいですか」
整「4~5000回転くらいです。」
私「回していないとエンジンが回らなくなるとよく昔はいわれたので、休みの日は回すようにしていますが」

とはいえ、通勤や市街地で年中4~5000回転まで引っ張っているもの品がありません。
それに、いまはスタッドレスタイヤです。

と+αこれまでの経過を延々話す。

三日預かる予定が丸々一週間。
Dラーからの呼び出し。

D「ノッキング音らしいものが確認できました。」
D「そのときのO2センサーの挙動がおかしいです。」
「どうでもない坂道で鳴りますね。」
O2.jpg
(赤く囲ったところです)
D「O2センサーが届くのに時間がかかりますのでいったんお返しします。」

O2センサーがこれだけ頻繁に不具合が出るとも思えませんが、まずはやれるだけやりましょう。

D「違う車種ですが、ガソリンをシェルに変えると改善したとの報告があります。ガソリンを変えてみるのはどうでしょう。」
D「シェルでもエネオスでもいいです。」

やりたくなかった伝家の宝刀を抜くことになりました。
エネオス ヴィーゴを入れてみましょう。


追記
Alpine is back
とうとう発表になりました。かっこいいです。
推定価格700万とどっかで見ました。
私には過ぎた車です。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

CANON EOS 50D 修理その1 [写真]

P1060603.JPG

半押し状態からシャッターが切りずらくなりました。

検索してみると、頻度の高いレリーズスイッチ不具合のようです。

キャノンサポートセンターHPを開いてみると、「らくらく修理便」なるものを見つけました。
しかも、「ただ今、「らくらく修理便」ご利用料金1,620円(税込)を無料にて承ります」なんて書いてあります。

早速HPから申し込み、ヤマト便が来て、梱包までやってくれるようです。
くわしくはHPを参照ください。

昨日の午後に、今日の午前中取りに来るよう申し込むと確かに取りに来ました。

確かに梱包用の箱を持ってきています。
梱包用の箱と中にはプチプチの袋が入っています。

結局梱包は自分でやりました。

行ってらっしゃい。大分まで行くようです。




タグ:Canon
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ONKYO SA-205HD 再修理その4 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

最近はみんなで映画を見ることもなく、テレビでも5.1ch放送がほとんどありません。
放置状態でしたが、あまりの不具合の多さに修理をしてみようと思いました。

修理引き取り便ご依頼フォームに連絡
その後確認のメールが届きます。

---以下、先方からのメール---
弊社製品をご利用いただき、ありがとうございます。

この度は製品のトラブルによりご不便をおかけいたしまして
申し訳ございません。

すでにリセットはお試し済とのことですので、念のため、以下の手順を
お試しいただければ幸いです。

・各機器の 電源コンセントを抜く

・コンセントを抜いた状態のまま、SA-205HDの電源ボタンを
 10秒ほど 長押しする(放電)

・ブルーレイBDP-S370 → SA-205HD → テレビ46Z7000 の順で
電源コンセントを差し込む。

・続いて同様の順で、10秒おきにHDMIケーブルを各機器のHDMI端子に
 接続する。

■スピーカーの設定をする(取扱説明書P.62)
 (リセット直後は2.1ch設定に戻るため、センタースピーカー、サラウンド
  スピーカーを有効の設定にする必要がございます。)

■HDMI設定をする (取扱説明書P.70 ご参照)

・Control 項目→「Enable」に設定。
・Power Control 項目→「Enable」に設定。
・TV Control 項目→「Enable」に設定。

(TV側のHDMI連動設定も有効にする必要がございます。)

上記の方法で改善されない場合につきましては、大変恐縮では
ございますが、お品物をお預け頂ければ幸いです。

ご希望の日時にて引き取り便を手配いたしましたので、
お知らせをいたします。

大変お手数ではございますが、念のためメールのプリントアウト、
または症状を書いた簡単なメモ書きを製品にご添付の上、本体
部分(SA-205HD)をお預け頂ければ幸いです。

スピーカー、リモコン、その他付属品は不要ですので、
お取り置きをお願いいたします。

修理見積についてはお品物拝見後のご連絡となりますため、
あくまで修理費目安ではございますが、8,000~15,000円程に
なるかと思われます。

なお、見積後の修理中止される場合は見積もり診断料(1,944円)+
代引き手数料(432円) あわせて2,376円を代引き発送にて
ご請求となりますので、ご了承を頂ければ幸いです。

修理完了後は、リペアセンターよりご案内の上で代引きにて
ご返送させて頂きます。

その他のご注意点につきましては、以下にございますので
念のためご一読を頂ければ幸いです。

今後とも弊社ならびに弊社製品をよろしくお願いいたします。

ご注意について
=====

引き取り便サービス全般につきまして、以下に記載がございますので
念の為ご確認を頂ければ幸いです。
http://www.jp.onkyo.com/support/servicebase.htm#hikitori

修理依頼書がございますので、ご依頼内容の確認のため、お書き添え
頂ければ幸いです。

製品が保証期間内の場合につきましては、保証書、販売店の
レシート等をあわせてご添付頂ければ幸いです。

販売店の延長保証期間の場合につきましては、販売店でのお手続き
が必要となります。
引き取り便でのお取扱いができませんので、あらかじめご了承を
いただければ幸いです。

製品が生産後8年以上経過している場合など、交換部品入手不能
により修理が難しい可能性がございますので、予めご了承を
頂ければ幸いです。

配送中の破損等につきましては保障がございませんので、厳重な
梱包をお願いいたします。製品の元箱と緩衝材でお送り頂く方法が
おすすめです。

運送中に万が一落下等の衝撃が加わった場合など、基板破損・外観
部品破損等により修理不能となる場合もございます。
元箱が無い場合など、大き目の箱に緩衝材(くしゃくしゃに固く
丸めた新聞紙など)をしっかり詰めていただき、お品物が中心に
くるように梱包していただくと安全にお送りいただけます。

また、製品の背面端子や前面パネル、側面が下側となって発送された場合、
破損の可能性が非常に高くなります。

製品が破損しないように、梱包箱にマジック等で天地をお書き添え下さい。

小さめの箱に入れた場合、衝撃の影響が大きくなりますのでご注意
下さい。

有償修理料金の目安につきましては、以下ページをあわせて
ご参照頂ければ幸いです。

http://www.jp.onkyo.com/support/serviceprice_list.htm

-----------------

前回の修理と同様の内容でしたので、すでに確認済みでした。
早速送りましょう。




タグ:ONKYO SA-205HD
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ONKYO SA-205HD 再修理その3 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

最近はみんなで映画を見ることもなく、テレビでも5.1ch放送がほとんどありません。
放置状態でしたが、あまりの不具合の多さに修理をしてみようと思いました。

修理引き取り便ご依頼フォームに連絡

ブルーレイBDP-S370 -> SA-205HD -> テレビ46Z7000の構成

ボリュームつまみで音量の調整ができない。
センタースピーカー、サラウンドスピーカーから音が出なくなった。
ブルーレイからの音声フォーマットが正しく認識されて出力されなくなった。
レグザリンクでテレビのスピーカーと外部スピーカーを切り替える設定があるが、全くきかず両方から音声が出る。

マイコンリセット後

ボリュームつまみで音量の調整ができない。
センタースピーカーから音がでない。
ブルーレイからの音声フォーマットが正しく認識されて出力されない状態ののち、ブルーレイからの音声が出力されない。TVに映像が出ない。
レグザリンクでテレビのスピーカーと外部スピーカーを切り替える設定があるが、全くきかず両方から音声が出る。

ブルーレイBDP-S370 -> テレビ46Z7000の構成を変更後

音声映像ともテレビから出力される。

以上の症状が出ます。


以上の内容を送信しました。
サラウンドスピーカーからは出るようになりました。
さて、どのような見積もりが出るのでしょうか。


タグ:ONKYO SA-205HD
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー