So-net無料ブログ作成
検索選択

ひょんなところでNSX [ABA-NK4M]

通りがかった東京駅でNSXを発見。
知らなかったので動揺しました。
DSC_0321 - コピー.jpg
Hondaウエルカムプラザ青山にいけばいいのでしょうが、ただの冷やかしもいいところなので。
超かっこいい(*^_^*)実車初めて見ました。
DSC_0314 - コピー.jpg
DSC_0319 - コピー.jpg
DSC_0325 - コピー.jpg
DSC_0327 - コピー.jpg
s-DSC_0317.jpg
s-DSC_0318.jpg
s-DSC_0316.jpg
s-DSC_0315.jpg
s-DSC_0320.jpg
DSC_0324 - コピー.jpg
こんなタイヤ。305/30/ZR30。
スタッドレスあるのか?買ったら工賃込みでトータル150万するのかな?

ため息混じりで帰りました。
心配いりません。オーナーさんになれる経済力もなければ、入る車庫もありませんonz...




ロードスター S Special Package 6AT 試乗 [ABA-NK4M]

今更ですが、ND5RC型
ロードスター S Special Package 6ATに試乗してきました。
写真はありません。徒歩で散歩がてらに寄ったので。

前述したとおり、次の車は後輪駆動がターゲットです。
ライトウェイトスポーツand後輪駆動となるとおのずと選択肢が限られます。
本当は6MTがいいのですが致し方ありません。以前はあったそうです。

いいところは語りつくされているので気になった部分だけを書いてみます。

外観です。
鼓動デザイン。フロントの制約からか顔つきはかなりシャープです。
ヘッドライトとフロントグリルだけでマツダデザインを表現できないためか
ボンネット全体で表現しており、一見すると丸っこいリアとの整合性が難しいですが、
マツダデザインと一目でわかる造形です。
デザインは難しいです。

シートはあまりいい話は聞きません。
確かこの「ネットシート」は、にしっくりこない人には耐えられないでしょう。
座面をネットにしてある程度沈みこませて、両サイドのウレタンでホールドする。
張りの強いハンモックのよう。
レクサスでもネットシートが発表になりましたね。
腰が痛くなるかもしれないかもしれない。
私だったら(?)シートは多分バケットシートに入れ替えます。

ハンドル。
持ち手部分が細く、ハンドル径が大きい。しかもどこを持ったらいいかわかりませんでした。
AutoEXEのスポーツステアリングホイールに変えられるオーナーさんもいるそうです。
現行になり女性オーナーさんが多くなったととDラーに聞きました。
女性オーナーさんはAT車をチョイスされる方が多いそうです。確かに女性にはいいかもしれません。

フロアシフト部分が熱い。
ここはDラーも認めている部分でした。
左足ふくらはぎの外側がしっとり汗をかきます。
常に接している部分になるかと思うので改善してほしい部分です。

ハンドルの遊びが多い。
Dラーの話によるとアクセラ等よりも遊びが多くなっているとのことです。
「人馬一体」「意をもって操作すれば素直に応える」
とあったのでハンドル操作に対してリニアな挙動を期待していましたが、
思っていたよりもはるかに超える緩慢さにイライラするときもありました。
なるほど初心者の私が馬に乗ればうまくいかなくて当たり前。
歴代オーナーさんは人馬一体のように操れるのでしょう。

Dラーの話によると「クイックな操作感による運転時の疲労を軽減する...」
教科書のような説明が帰ってきました。
この車を選択する時点で運転時の疲労うんぬんを問うオーナーさんがどれだけいるのかわかりません。
操舵感覚は86のほうがしっくりきました。
自分でチューンすればいいのでしょうが素人の私には難しいです。

マツダのDラーは、これまでの経験からネガな印象しかありませんでした。
記憶が薄れるほど前にここに寄った時は相手にもされませんでした。
知人はここの整備工場でトラブルがありました。
二度と来ることもないと思っていましたが、
NDロードスターはやっぱり魅力的です。
近くで見てみたいという欲求を抗することができませんでした。

徒歩でふらっと寄っただけなのに丁寧な対応をいただきました。
ありがとうございました。


頑張ってケチをつけてみました。
いろいろと書きましたが、要は欲しいだけです、妬ましいのです。
次期バージョンアップは必ずあるでしょう。
ますます妬ましくなるだけです(-_-;)



タグ:試乗記

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#68 TWINGO INTENS 試乗 [ABA-NK4M]

TWINGO INTENS Canvas top  を試乗しました。

DSC_0301.jpg
カラーはブルー ドラジェ、ブルーインテリア
なかなかおしゃれです。写真は少なく申し訳ありません。
詳しくはHPからお願いいたします。

外観はなかなかかわいらしいです。
さて使い勝手はどうでしょう。まずトランクを空けます。
ご存知の通りRRレイアウト。結構な断熱材の下にエンジンがあります。
とはいってものエンジンの熱がだいぶ上がってくるようでトランクはあったかいです。
エンジンがある分床も高いので、さほど容量は大きくないようです。

リアシートに乗り込みます。
微妙にくぼんだ座面が足の置き場を落ち着かなくなるさせる感じがします。足元は窮屈ではありません。
ヘッドクリアランスはありません。頭がつきます。身長173のおっさんです。
最近のルノーはデザインに傾倒し、実用性をスポイルしたものが多く気になります。


さて運転席です。
ポップはシートは見た目よりもずっと座りやすいです。ここはやっぱりフラ車です。
ペダルレイアウトはどうもいまいちな印象。悪くはありませんが、いいとも言えません。
足元は奥のほうに妙な盛り上がりがあり、左足の置き場がたまに困ります。
パワーウィンドウスイッチへのアクセスは困難です。肩がつりそうになります。

走ってみます。
6 速EDCは素晴らしいです。このエンジンとの相性もいい感じです。
相変わらずエンジンマウントに工夫が凝らされているのか、3気筒とは感じられません。
走っているときはもちろん、止まっているときはアイドリングストップもあり不快な振動はありません。
この辺は国産車も大いに見習ってほしいです。

困ったのはハンドリングです。
今まで乗ったルノー車は、どれでもルノーっぽさがありましたが…
この試乗ではなかなか感じることができませんでした。
これまでのルノー車は、交差点左折でのハンドル切り増しや切り戻しは記憶にないくらいでした。
今回は何回かやっている自分にびっくりしました。
RRレイアウトによる違いが自分には大きいのかと感じました。

DSC_0302.jpg
ボンネットは簡単に開けることができません。
ウォッシャー液等の補充などメンテナンスで開けるくらいです。
荷物置き場もなく、キーがないと開けることもできないので簡単にとはいきません。
ロックを外してもぱかっと開くわけでもなく、滑るように少し開き中が拝めます。
いまいちな説明で申し訳ありません。開けるための儀式が多くて表現できません。
詳しくはDラーで。

いろいろと駄文を並べましたが、愛らしいこの顔はきっとオーナーさんに
素敵な時間を与えます。 Canvas topを開けて一緒に共有できる時間は
想像する時間を使うに値します。

Renault sportバージョンはどうなるでしょう。
ワイドトレッド化+オーバーフェンダー
エンジン容量アップ
2シーター化?
夢がふくらみます。こんなことをしたら間違いなく売れなそうです。
次の車は後輪駆動をターゲットにしています。
期待したいです。








タグ:試乗記 Twingo3

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#67 カーボンシート フューエルリッド再 [ABA-NK4M]

フューエルリッドにカーボンシートを貼っていました。
貼ったからどうだということもなく、ただのかっこつけです。

ところが...
購入した高圧洗浄機で洗車。
もちろん白いラインやカーボンシートのところは直接あたらないように注意していましたが...
何の弾みか直撃。木っ端みじん...onz

もともと貼りが甘く、浮いていた部分もあったのですがバラバラになるとは。
ということで、新調することにしました。
またデザインカッターでがんばる気にもなれず。

CAD+レーザー加工機。
IMG_0065.JPG
大量生産。(^^;)

見てのとおり、焼き切るので設計よりも小さくなります。この場合は内側に0.5mm小さくなりました。
ですので、レーザー径は1mmということになります。
決まっているわけではなく、試し切りをしてみておおよそ計測した結果です。

焼き切る分も考慮して設計しています。



トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#66 PHILIPSハロゲンバルブ エクストリームヴィジョン [ABA-NK4M]

前回購入したハロゲンランプがお亡くなりになってしまいました。(TT)

概算で約450時間使用。
一般的なハロゲンランプの寿命時間が1000時間、約三年。
だそうです。高効率なので寿命は短いというのは当然?です。
これで十分働いているかは疑問ですが、純正バルブの暗さを考えると背に腹は代えられません。

DSC00132.JPG
ロー側が切れていました。

DSC00128.JPG
しっかりしたケースに入っていています。GEとはここが違います。

DSC00127.JPG
はずしたところ。
相変わらず中が狭くて手がつりそうになります。

DSC00131.JPG
ほぼ同じ性能でしょう。
計測器を使えばわかるでしょうが、わたしのぼんくらな目では違いがわかりませんでした。

LEDヘッドランプを再度検討しましたがあきらめました。
最近はずいぶん安価で手に入りやすくなりました。
よく言われていることですが、ハイビームインジケータが点灯しなくなったりします。
たぶん、つかなくなるのだろうと思います???

ようは面倒なだけです。でもつけてみたい。