So-net無料ブログ作成

ベンタ エアウォッシャー LW24 [電気]

venta ベンタ エアウォッシャー LW24
DSC00456.jpg
12年前ほどに購入したものです。日本製にはない独特の機構でこの商品を知ったときから欲しいと思っていました。ある日近くの家電量販店が閉店になる際、閉店セールとして信じられないような割引で販売していたところを偶然見つけました。
信じられないような割引といっても、定価が45,000円位する信じられないような代物でしたのでそう簡単に買えるものではありませんでしたが、意を決して購入した記憶があります。

筐体に水を入れるだけで、ファンで取り込んだ空気を水中で回転するディスクにぶつけます。簡易的な水フィルターです。完全ではないでしょうが「不純物、チリやホコリ、花粉やアレルギー性物質が水中に閉じ込められます。」とありました。ホコリをため込むので、定期的に水を入れ替える必要がありますが、メンテナンスといえば筐体や、プロペラについたホコリを掃除機で吸い取るくらいです。
常温気化式なので家電製品にも影響がありません。
DSC00459.jpg
初めて家で稼働したときには清流の近くにいるようなすがすがしい空気が出てきて感動したのを覚えています。

気づいたら動いていません。モータ付近が熱くなっています。においもします。危ないところでした。
煖房を使う冬期間は24時間稼働していました。モータの寿命でしょう。
DSC00457.jpg
ばらしたくなりましたが、とりあえずサポートに連絡をしてみてからにします。
DSC00460.jpg

ちなみにBONECOのディスクエボレーターという同じようなディスク型の常温気化式の加湿器を持っていましたが、こちらも昨年壊れてしまいました。
DSC00461.jpg
DeLonghiで扱っていましたがいまはないようですね。



トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

バズ・ライトイヤーのおもちゃ修理 [電子]

DSC00444.jpg
近年、いろいろなところでおもちゃの病院を開いているのを見て、もしかしたら直るのではないかと思い出して引っ張り出し、私のところにもってきました。家族との思い出の品で捨てられずにいたそうです。
おもちゃの病院を開院した記憶はありませんが、せっかくの依頼ですので見てみることにしました。自分のであれば壊れてもどうってことありませんが、そうはいきません。緊張感があります。

12年前、ディズニーランドで購入してきた宇宙儀のおもちゃ。磁石が付いているバズをセットするとエンドレスで回転しながら曲が流れるものらしいのですが、音楽が鳴らなくなってしばらくなるそうです。

ネットで検索してもまったく出てきません。困ってしまいましたがとりあえず分解してみます。宇宙儀にはねじが切ってあり電池が交換できます。
DSC00453.jpg
DSC00450.jpg

ここまでは容易にアクセスすることができますが、基板がこれ以上出てきません。基板を取り出すためには、中央部のギアをギアプーラ等で外してシャフトから駆動部もろとも外す必要があります。
DSC00445.jpg

マスクされた音楽用IC、大陸製の2SC1815互換?、コンデンサ。増幅回路部だけでも交換したいですが、計測できる範囲でオシロスコープを当ててみます。電圧も供給され特に異常がなさそう。スピーカーを換えてみます。おぉ、じゃんじゃん鳴ります。ディズニーに関しては全くもって疎く、何の曲だかわかりません。
DSC00446.jpg

スピーカーをよく確認してみると、コイルがコーン紙からはずれておりコイルも断線しています。自分のだったら適当につないでしのぎますが、依頼されたものです。末永く使っていただきたいので、新しいものを購入することにしました。
DSC00447.jpg
DSC00448.jpg

@mazonで購入。5個で492円。5個もいりませんが予備に取っておきましょう。
DSC00449.jpg

ついでにギア部をグリスアップ。順番に組み付けていきます。
もとのように動いて依頼者からも大変喜ばれました。我家では掃除機やトースターを直しても何も言ってもらえませんが、この程度でこれだけお礼を言われるとかえって恐縮します。

無事ご主人様のところに帰れてよかったです。これからもかわいがってもらってください。
DSC00455.jpg



トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ショルダーバッグ完成 [手芸]

今日明日はセンター試験ですね。受験生のみなさん頑張ってください。

ショルダーバッグ完成しました。
DSC00424.jpg
ロッタ・ヤンスドッターさんのテキスタイルを使ってみました。これはREDIGというデザインらしいです。表布、裏布、蓋それぞれにあしらってみました。

DSC00426.jpg
蓋を開けてみたところです。マグネットボタンを使っています。

DSC00427.jpg
裏側です。

DSC00425.jpg
こちらは帆布のみでつくりました。

設計ミスも相まって小さくできてしまいました。しっかりとしたサイズにならなかったのは縫製の技能がなっていないからです。
ショルダーベルトの太さがバッグのサイズに比べ太すぎます。今回は4㎝の太さでつくりましたがバランスが悪いです。いい勉強になりました。

TWINGO ZEN MT がついに登場です。NA1.0L+5MT、きっとカメさんのようにのんびりとした走りをしてくれることでしょう。INTENSの小気味いい走りがとても印象に残りましたが、こちらは街中をコロコロと走るのでしょうか。





トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ショルダーバッグ製作(正月の手仕事) [手芸]

今更ながら、あけましておめでとうございます。
インフルエンザやノロウィルス感染を恐れて当初から自宅でダラダラする予定でした。

ただ家にいるのもつまらないのでこれまで温めていたものをつくることにしました。

DSC00420.jpg
こちらが相棒です。ブラザー BS300
フットコントローラは別売りでした。今となっては高性能なものがいろいろ選べますがいまだがんばってくれています。おいそれと買い換えるわけにもいきません。

作業を進めていたら写真を撮ることをすっかり忘れていました。
なんとすぐに完成形です。

DSC00421.jpg
DSC00422.jpg
帆布のバッグが大好きです。そればかりでは芸がないので表布と裏布を変えてみました。
ちょっとだけおしゃれな感じ?

問題は家庭用ミシンでは何枚も重ねた厚手のものは縫うのが難しいことです。
ショルダーベルトが未だ未完成です。

そして。こちら。
DSC00423.jpg
布が余ってしまうのをただ保管するのももったいないので、工夫したら二つ作れることができました。
ただ同じ作業を2回繰り返すだけです。

こんな感じで今年もぐだぐだやっていきます。




トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション