So-net無料ブログ作成
検索選択

スマートフォンが欲しい [電子]

厳密には欲しいではなく、来月くらいに購入することに迫られ検討中です。
ハイエンド機など買えるわけもなくキャリアはもちろん格安simです。

Huawei HUAWEI P9 lite or P9
ASUS ZenFone 3
ZTE AXON 7 mini
富士通 arrows M03
シャープ AQUOS SH-M04-A
APPLE iPhone SE 64GB

ざっと見たところこんなです。最近の海外勢、特に中華製の躍進はすさまじいです。コストパフォーマンスの高さやエントリーからハイエンドまで幅広くsimフリー機を選べるところが魅力です。

しかし
中華製の製品で話題になっているのがバックドアの問題です。
中国に限ったことではありませんが、治安維持と称した体制維持のため、反政府活動を監視するためにネットワークの傍受を行っています。ファームウェアに隠し機能を搭載し、スマートフォンのデータが筒抜けになるということです。

LINEモバイルでは、ADUPS製ファームウェアを採用したスマートフォンでバックドア機能について、取り扱っているファーウェイ(HUAWEI)・ZTE製のスマートフォンにはバックドア機能は搭載していないと発表しています。

IIJmioで購入を考えたので早速問い合わせしてみました。

以下が回答です。
////////////////////////
本件につきまして、販売元となる Huawei に確認を行ったところ、当該企業とのビジネスを行ったことはなく、お問い合わせいただいたファームウェアを搭載しているものはないとのことでした。
////////////////////////

販売元に問い合わせれば当然の回答です。LINEモバイルの発表も同様でしょう。わざわざ「搭載してまーす」などと答えるわけありません。IIJmioでは確認するすべもないということです。いたしかたありません、結局ほとんど黒に近い灰色のままです。

バックドアの問題を口にするとよく聞くのが「特に見られて困るデータなんかないしーっ」という言葉です。これによく似たものが「泥棒なんかに入られても、取られて困るものなんかないしーっ」でしょうか。実際に泥棒に入られればその苦労とその後の生活の不安は図りしれません。通帳、はんこ、キャッシュカード、車の鍵と車、家電....本当に取られて困るものがないのか甚だ疑問です。

人がつくったものなので絶対強固なセキュリティーは存在しませんが、バックドアが仕掛けられていてコマンド一つでデータが丸見えと、ハッカーに1億円支払って初めてデータが丸見えでは全く違います。docomoの回線と端末使えばいいじゃん...高品質で高額な通信費が支払えるのであればそうしてますonz.....

iPhone 7 Plus 128GBとかXperia XZがいいなぁ、使いこなせませんが。


さてさてどうしましょう。






トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#71 エーモン工業 非常信号灯 [ABA-NK4M]

エーモン工業 非常信号灯
DSC00479.jpg
通常の自動車用緊急保安炎筒は有効期限があるため交換が必要です。
国土交通省保安基準適合品で車検に対応しており、電池の管理をしっかりしていれば長期間の使用可能です。
DSC00480.jpg

保安炎筒は5分程度しか燃焼しませんが、単4アルカリ乾電池使用時で約20時間使用できるそうです。付属の乾電池は動作確認用のマンガン電池なので、アルカリ乾電池を準備しましょう。
DSC00484.jpg
しかもマグネット付で車のボディに設置できるというのもいい感じです。
ボディへの傷を考慮してかマグネットはそれほど強くありません。屋根の部分に取り付けるのがいいでしょう。

車への設置を考え、形状を変えることが来ます。この配慮はありがたいです。
DSC00483.jpg
DSC00482.jpg

そういえば三角停止板の購入を忘れていましたonz...また今度。

DSC00490.jpg
もちろんですが、使う機会がないのが一番です。





トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ベンタ エアウォッシャー LW24 その後 [電気]

venta ベンタ エアウォッシャー LW24
DSC00456.jpg
12年前ほどに購入したものです。日本製にはない独特の機構でこの商品を知ったときから欲しいと思っていました。ある日近くの家電量販店が閉店になる際、閉店セールとして信じられないような割引で販売していたところを偶然見つけました。
信じられないような割引といっても、定価が45,000円位する信じられないような代物でしたのでそう簡単に買えるものではありませんでしたが、意を決して購入した記憶があります。

カスタマーから連絡が来ました。

---以下原文-----------------------------
ベンタ ジャパン(株)の○○と申します。
ベンタ エアウォッシャーをご愛用頂き、誠にありがとうございます。

お問合せの件につきまして、下記のとおりご連絡申し上げます。

LW24のモーターファンユニット(モータ接続ゴム・固定板・ギア除く)の交換は約3万円となります。
他に交換が必要な部品がある場合は別途該当部品代金が必要になります。

総販売元のインターフェストでは只今、長くご愛用いただいているお客様、
修理をお考えのお客様を対象にお買い替えキャンペーンを実施しております。
お買い替えキャンペーンは、ご使用いただいている本体を弊社へお送りいただき、
新製品(アウトレット商品は除く)を特別価格にてご購入いただけます。
お買い替えは色や大きさを変更していただく事も可能です。
LW25 S/SW ネット販売価格 61,500円 → キャンペーン価格 46,125円(税込) 
LW45 S/SW ネット販売価格 75,900円 → キャンペーン価格 56,925円(税込)
(キャンペーンは予告なく終了する場合があります。ご了承ください。)

修理やお買い替えキャンペーンについてご質問や詳細はインターフェストまでお問合せください。

(ここに連絡先)

何卒ご検討の程宜しくお願いいたします。

---以上原文-----------------------------
お買い替えキャンペーン?HPのどこにも載っていませんでしたが?しかも「予告なく終了する場合があります」予告なく始まって予告なく終了のようです。

モータの分解決定です。
DSC00471.jpg
DSC00472.jpg
メンテナンスのためにファン部を外すことは容易です。

爪をこじってあけてみましょう。かなりホコリがたまっています。見たところ特に異常が見られません。掃除した後この状態で電源を入れてみます。おぉ、ぐるぐる回ります。
DSC00473.jpg

ローターを回すギアがなにかの弾みで噛んでファンが回らなくなり、温度フューズでも動作したのでしょうか。早とちりしてしまいました。

DSC00474.jpg
グリスアップして組み付けます。さすがに24時間稼働するのは無理があると思い、当面日中のみの運転とします。





トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅