So-net無料ブログ作成
検索選択
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

ONKYO SA-205HD 再修理その6 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

------------------------------------------------------------
○○ 様

平素、弊社商品をご愛用頂き、誠に有難う御座います。

鳥取修理センター山野よりご案内申し上げます。

修理進行のご回答ありがとうございます。
00-00時到着指定承りました。

ヤマト送り状番号:000000000000
http://search.kuronekoyamato.co.jp/google/tnekog?number00=1&number01=000000000000&key=000000000000
にて発送予定です。

到着まで今しばらくお待ちいただきます様お願いいたします。

------------------------------------------------------------

と思っていたら、突然送られてきました。
発送しましたのメールがなし。

2016年02月29日12時26分37秒 - コピー.jpg

今回は交換部品の添付がありません。
これでは本当に修理したのかがわかりません。
交換・補充部品を上から見てみると
1段目:これは一体何だ?しかも説明もなし。エンコーダーらしいが?
2段目:プッシュボタンスイッチ
3段目:リレー
4段目:ツェナーダイオード


さて後どれくらいリレーを交換すればいいのでしょう。


追記
第8回ルノー カングージャンボリー2016の開催が発表なりましたね。
山中湖交流プラザで2016年5月15日(日)だそうです。

もちろんいけません。






タグ:SA-205HD

ONKYO SA-205HD 再修理その5 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

見積もり結果のメールが届きました。

---以下、先方からのメール---
平素、弊社商品をご愛用頂き、誠に有難う御座います。

鳥取修理センター○○よりご案内申し上げます。

弊社管理番号:000000000000

製品:SA205HDS

シリアル:00000000000000000

ご指摘症状:
①ボリュームつまみで音量の調整ができない。
②センターSP、サラウンドSPから音が出なくなった。
ブルーレイからの音声フォーマットが認識されない。
④レグザリンクのSP切替が出来ず、両方から音が出る。




検証にて、音声不具合と、スイッチ接触不具合による誤動作を確認致しました。
ボリュームスイッチ、スイッチ7点、音声切り替えリレー2点、ダイオード2点不具
合の為、交換致します。

④に関しましては、取説P75の記載に該当している可能性が御座います。
取り扱い説明書のコピーを添付いたしますのでご確認願います。

修理費用(代引き) ¥ 8,964円(税込)(代引き手数料込)
にて修理が可能となります。


まずは、修理可否のご連絡をお願い致します。



お支払方法は代引きとさせて頂きます。



到着時刻指定出来ますので、ご希望がございましたら、
ご連絡いただきます様お願いいたします
・午前中
・12時~14時
・14時~16時
・16時~18時
・18時~20時
・20時~21時

◎1ヶ月以上経過し、ご回答がいただけなかった場合につきましては、お預かり
しました修理品を一旦送料着払いにてお戻しさせていただく事がございますので
あらかじめご了承いただければ幸いです.

なお、本件メール見積もり後の修理中断の場合、点検料2,376円を請求させて頂き
ます。

今後とも弊社並びに弊社製品を、宜しくお願い申し上げます。

-----------------

スイッチの不良?
大陸製の物ならいざ知らず、10万回の耐久試験を経ての製品のはず。
スイッチのせいにするのか?

リレー・ダイオードの不良?
リレーは前回も2つの不良が出て交換しました。どんだけ壊れるのでしょう。
たかが有接点のリレーです。富士通のリレーでしたが、今回もリレーのせいでしょうか。







タグ:SA-205HD

ONKYO SA-205HD 再修理その4 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

最近はみんなで映画を見ることもなく、テレビでも5.1ch放送がほとんどありません。
放置状態でしたが、あまりの不具合の多さに修理をしてみようと思いました。

修理引き取り便ご依頼フォームに連絡
その後確認のメールが届きます。

---以下、先方からのメール---
弊社製品をご利用いただき、ありがとうございます。

この度は製品のトラブルによりご不便をおかけいたしまして
申し訳ございません。

すでにリセットはお試し済とのことですので、念のため、以下の手順を
お試しいただければ幸いです。

・各機器の 電源コンセントを抜く

・コンセントを抜いた状態のまま、SA-205HDの電源ボタンを
 10秒ほど 長押しする(放電)

・ブルーレイBDP-S370 → SA-205HD → テレビ46Z7000 の順で
電源コンセントを差し込む。

・続いて同様の順で、10秒おきにHDMIケーブルを各機器のHDMI端子に
 接続する。

スピーカーの設定をする(取扱説明書P.62)
 (リセット直後は2.1ch設定に戻るため、センタースピーカー、サラウンド
  スピーカーを有効の設定にする必要がございます。)

■HDMI設定をする (取扱説明書P.70 ご参照)

・Control 項目→「Enable」に設定。
・Power Control 項目→「Enable」に設定。
・TV Control 項目→「Enable」に設定。

(TV側のHDMI連動設定も有効にする必要がございます。)

上記の方法で改善されない場合につきましては、大変恐縮では
ございますが、お品物をお預け頂ければ幸いです。

ご希望の日時にて引き取り便を手配いたしましたので、
お知らせをいたします。

大変お手数ではございますが、念のためメールのプリントアウト、
または症状を書いた簡単なメモ書きを製品にご添付の上、本体
部分(SA-205HD)をお預け頂ければ幸いです。

スピーカー、リモコン、その他付属品は不要ですので、
お取り置きをお願いいたします。

修理見積についてはお品物拝見後のご連絡となりますため、
あくまで修理費目安ではございますが、8,000~15,000円程に
なるかと思われます。

なお、見積後の修理中止される場合は見積もり診断料(1,944円)+
代引き手数料(432円) あわせて2,376円を代引き発送にて
ご請求となりますので、ご了承を頂ければ幸いです。

修理完了後は、リペアセンターよりご案内の上で代引きにて
ご返送させて頂きます。

その他のご注意点につきましては、以下にございますので
念のためご一読を頂ければ幸いです。

今後とも弊社ならびに弊社製品をよろしくお願いいたします。

ご注意について
=====

引き取り便サービス全般につきまして、以下に記載がございますので
念の為ご確認を頂ければ幸いです。
http://www.jp.onkyo.com/support/servicebase.htm#hikitori

修理依頼書がございますので、ご依頼内容の確認のため、お書き添え
頂ければ幸いです。

製品が保証期間内の場合につきましては、保証書、販売店の
レシート等をあわせてご添付頂ければ幸いです。

販売店の延長保証期間の場合につきましては、販売店でのお手続き
が必要となります。
引き取り便でのお取扱いができませんので、あらかじめご了承を
いただければ幸いです。

製品が生産後8年以上経過している場合など、交換部品入手不能
により修理が難しい可能性がございますので、予めご了承を
頂ければ幸いです。

配送中の破損等につきましては保障がございませんので、厳重な
梱包をお願いいたします。製品の元箱と緩衝材でお送り頂く方法が
おすすめです。

運送中に万が一落下等の衝撃が加わった場合など、基板破損・外観
部品破損等により修理不能となる場合もございます。
元箱が無い場合など、大き目の箱に緩衝材(くしゃくしゃに固く
丸めた新聞紙など)をしっかり詰めていただき、お品物が中心に
くるように梱包していただくと安全にお送りいただけます。

また、製品の背面端子や前面パネル、側面が下側となって発送された場合、
破損の可能性が非常に高くなります。

製品が破損しないように、梱包箱にマジック等で天地をお書き添え下さい。

小さめの箱に入れた場合、衝撃の影響が大きくなりますのでご注意
下さい。

有償修理料金の目安につきましては、以下ページをあわせて
ご参照頂ければ幸いです。

http://www.jp.onkyo.com/support/serviceprice_list.htm

-----------------

前回の修理と同様の内容でしたので、すでに確認済みでした。
早速送りましょう。




タグ:ONKYO SA-205HD

ONKYO SA-205HD 再修理その3 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

最近はみんなで映画を見ることもなく、テレビでも5.1ch放送がほとんどありません。
放置状態でしたが、あまりの不具合の多さに修理をしてみようと思いました。

修理引き取り便ご依頼フォームに連絡

ブルーレイBDP-S370 -> SA-205HD -> テレビ46Z7000の構成

ボリュームつまみで音量の調整ができない。
センタースピーカー、サラウンドスピーカーから音が出なくなった。
ブルーレイからの音声フォーマットが正しく認識されて出力されなくなった。
レグザリンクでテレビのスピーカーと外部スピーカーを切り替える設定があるが、全くきかず両方から音声が出る。

マイコンリセット

ボリュームつまみで音量の調整ができない。
センタースピーカーから音がでない。
ブルーレイからの音声フォーマットが正しく認識されて出力されない状態ののち、ブルーレイからの音声が出力されない。TVに映像が出ない。
レグザリンクでテレビのスピーカーと外部スピーカーを切り替える設定があるが、全くきかず両方から音声が出る。

ブルーレイBDP-S370 -> テレビ46Z7000の構成を変更後

音声映像ともテレビから出力される。

以上の症状が出ます。


以上の内容を送信しました。
サラウンドスピーカーからは出るようになりました。
さて、どのような見積もりが出るのでしょうか。


タグ:ONKYO SA-205HD

ONKYO SA-205HD 再修理その2 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

最近はみんなで映画を見ることもなく、テレビでも5.1ch放送がほとんどありません。
放置状態でしたが、あまりの不具合の多さに修理をしてみようと思いました。

いろいろと調べようとしたら、だんだんとひどくなってきました。

センタースピーカーから音が出なくなったのは変わりありませんが、
ブルーレイからの音がでないばかりか映像までTVに出なくなりました。
SA-205HDを外してブルーレイとTVを直結すると音も映像もTVからでます。

いよいよ修理です。修理費見積もりによっては廃棄です。





タグ:ONKYO SA-205HD

ONKYO SA-205HD 再修理その1 [オーディオ]

ONKYO SA-205HD

最近はみんなで映画を見ることもなく、テレビでも5.1ch放送がほとんどありません。
放置状態でしたが、あまりの不具合の多さに修理をしてみようと思いました。

センター、並びにサラウンドスピーカーからの音が出ないこと。
音量ダイヤルが動作しないこと。
テレビからの音声が出ないこと。

いくらなんでも多すぎです。同じ製品を買われた方も同じなのでしょうか。

とりあえずは、取扱説明書に記載の通りコンピュータリセットをしました。
そしてセットアップ。もう嫌になります。


すべてのスピーカーから音が出るのが確認できましたが、すぐに今度はセンタースピーカーから音が出なくなりました。
テレビからの音を確認。ただし、音が切り替わらず、テレビのスピーカーからと両方から音が出ます。
音量ダイヤルが動作しないことは変わりありません。
ブルーレイからの音も正しく認識されていないようです。

もう少し調べてから修理に出すとしましょう。







タグ:ONKYO SA-205HD

BLUE EVER BLUE Model 868B [オーディオ]

IMG_0463.JPG
ブルーエバーブルー ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)

IMG_0464.JPG
こんな風に入っています。

IMG_0470.JPG
筐体が金属で少し重く冷たい感じです。

IMG_0473.JPG
付属のイヤーピースは、2段フランジが1セットと大・中・小がそれぞれ2種類あり、イヤーピースのシリンダ内径が違います。
計7セット準備されて入っています
イヤーピースによって音が変わりますという話が出回っていますが、まずは自分に合ったものを探すのが先のようです。

IMG_0471.JPG
携帯のアッシュトレイのような収納ケースで結構使いやすいです。

サイズはLで内径の小さいものを選択しました。耳の奥のほうが先細になっていて自分に合っていました。
電力に対しての駆動力はあると思います。
ベースの低音、ハイハットのカシャカシャした音も値段の割によく再現されています。
ネットでは低音が強いとの意見がありましたが、もともと低音の強い楽曲をあまり持っていないのでいまのところ気になりません。

これで3.8kならばかなりお買い得でしょう。

ELECOM LBT-SPP300AV [オーディオ]

エレコムBluetoothスピーカー LBT-SPP300AV ブラック
IMG_0480.JPG
静かな部屋でクラッシックやJazzPianoなどをBGMとして流す目的で購入しました。
この程度の目的ならば3kくらいのスピーカーではオーバースペックかもしれません。

IMG_0481.JPG
音量も必要なし。過度な高音や低音も必要なかったので十分な性能でした。
思った以上に指向性がありました。

IMG_0482.JPG

本体のみの重量。結構しっかりした重さです。
IMG_0483.JPG


試しにボーカルの入った曲を聞き込んでみましたが、全くだめでした。
さ行がかすれる。低音が全くといっていいほどでない。

音楽と向き合うにはほど遠いので、過度な期待は禁物です。
ネットでのレビューは高いですが、あくまでもコストパフォーマンスが高いということで、音質そのものがすばらしいとかというわけではありません。
Bose SoundLink Mini II や SONY SRS-Xシリーズのと比較もあるでしょうが、全く持って見当違いです。

以前雑誌でポルシェ918スパイダーとAMG GTSとの比較をしているのを見ました。「断然、918スパイダー」などと言っていたモータージャーナリストがいました。雑誌の企画なのでいたしかたありませんが、一億円と1,800万円の車を比較して一億円の車がいい。資源の無駄もいいところです。

ほかの方も書いていますが、AUX端子がスイッチになっていて、ケーブルの抜き差しでON/OFFになります。そのたびにガリ音を聞く羽目になり、いちいち嫌な思いをします。
もちろん充電中は充電器からのノイズが入ります。使えなくはないですが使い物になりません。
我が家のiPadではBluetoothでの音に安定性がなくいまいちです。当たり前ですが有線のほうが音は確かです。

もうすこし違った製品の選択があったかと思いますがまずはここまで。
目的達成なので壊れたらまた考えます。

Creative ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV [オーディオ]

これまでTV用に使用していた
Pioneer 密閉型ヘッドホン オーディオ用 SE-M290
が壊れました。
以前にも同じものを持っていて、また同じところが壊れました。
P1060174.JPG

このくらいの価格では全体の音質バランスもよく、際立ったものはありませんが、楽に聞くにはちょうどいいです。
ベロア調の耳パッドが大きめにできていて私の耳にはすっぽり覆うため、当たる部分がありません。
結構気に入っていましたが、これを機にほかのものを購入しようと考えました。

Creative ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV
P1060177.JPG
P1060175.JPG
「ライブな音楽体験を提供する鮮明なパフォーマンス、さまざまなエンターテイメントにも!
Creative Aurvana Live!は最新のドライバー技術と綿密な音響チューニングで鋭いトランジションやダイナミックなパッセージもラクラクと再生、自然で原音に忠実なオーディオ再生を実現したステレオヘッドフォンだ。軽量設計とエルゴノミックなフィット感でホームエンターテインメント全般はもちろん、外出の際のミュージックリスニングにもぴったり、音楽の躍動感を余すところなく再現し、臨場感溢れるライブな音楽体験を提供する。」
HPより。だそうです。

P1060176.JPG
マイクロファイバー製トラベルポーチを付属。

外での使用を考えてか、コンパクトにできています。合成皮質製イヤーパッドも小さめで、
装着してみると耳の周りが少し当たります。
福耳の方で耳の外周にあたるのが気になる方は避けた方がよろしいかと思います。

柔らかく仕上がっていますが、 SE-M290に慣れきった耳にはまだ固い印象です。

音質は全域で癖もなく、好印象です。
低音のずんどこ感が苦手な方ですので、このような音がお望みの方は避けた方がよろしいですが、
もとより音にこだわりのある方は、私の記述など当てにすることもなく選択しているはずです。

試しに手元にあったjazzの音源で比べようとしましたが、価格もターゲットも違う二つの製品を比べようとしたのが間違っていました。
かっこいいことを書きましたが、自信を持って言えるほどの知識も経験もありません。

一時間ほど連続で装着しましたが、やはり耳が痛くなります。
これは初めて SE-M290を装着した時も同じでした。
これから慣れていくのでしょう。

ONKYO SA-205HD [オーディオ]

修理に出していたのが戻ってきました。


ONKYO DIRECTから購入しましたが、3年保証がちょうど切れたタイミングでの故障です。
S◎NY TIMERでも入っているのかと疑いたくなります。
自分で直すのも不可能ではないのですが、HPに修理費の目安が記載されており、故障の状況を見る限りそれほど費用がかからないだろうと予測しました。
ついでにオーバーホールも期待しました。
修理機器の発送は、向こうで手配していただき、自宅まで運送業者が取りに来てくれます。
着払いです。
やることといえば、厳重に梱包することです。移動中の故障は保証外とのことなので緩衝材をたっぷり入れます。
「メールでのやりとりなど状況がわかるものを同封してください」というのをすっかり忘れましたが、しっかり対応ただきました。<(_ _)>

その後、故障の状況と修理費の見積もりに関して電話があります。
「リレーの不具合と、コンデンサのパンクです。」
この度、交換した部品の同封をお願いしました。普段は行っていないとのことですが対応ただきました。<(_ _)>
使用している部品を見たかっただけです。


F4AK009T
Fujitsuの9Vリレーです。一般的な物のようです。

コンデンサは同封されませんでした。よくみると「追加調整」と書かれています。
ICの電源側に配置されるノイズフィルタに使われるような物だと思うのですが、この周辺でパンクするとも思えません。また、パンクしたというのなら交換が必要なので同封されていてもよさそうです。
2013年12月02日08時15分17秒.jpg
修理費の支払いは着払いでの代引きのみです。クレジット他は扱っていないそうです。
修理機器の往復、技術料込みでこの値段は良心的です。

「お客様アンケート」も同封されています。
2013年12月02日08時15分20秒.jpg

しょうがないのですが、設定がRESETされて帰ってきます。
設定をすっかり忘れてしまい、復元するまで一時間強。

映画、音楽のBRを再生し、確認。
すこぶる良好です。(^^)/
タグ:ONKYO SA-205HD
前の10件 | - オーディオ ブログトップ