So-net無料ブログ作成
検索選択

Twingo GT [ABA-NK4M]

いよいよ公式でも顔を出してきましたTwingo GT。
「GT」なのですね。「R.S.」ではないところがポイントのようです。

エクステリアでは
フェンダーを中心にあしらわれた無塗装のABS(?)。専用デザインホイール。両サイド二本出しマフラー。タイヤサイズも前後違うように見えます。
今回わかったことは左サイド後方にある穴がインタークーラー用のエアインテークとのことでした。

色は4色用意されるのでしょうか。
piment orange、lunaire grey、 profound black、Glacier whiteと記載されています。国産車にはない?きれいな色使いをいつも見せてくれます。

エンジンは110hp ・ 170 Nmと記載されています。スマートBRABUSも発表になり、同じような仕様ででています。CLIOの1.2Lでも搭載してくれればおもしろいのでしょうが、ねじ込んでもはいらないかな?

気になるのはミッション。6MT?5MT?専用設計となるのか?はっきりとしませんが、6MTのようなシフトパターンがみえます。公式でインテリアは公開されていないようです。

国内導入されるかどうかです。各色10台限定でというのもおもしろいかもしれません。

これが「GT」なので「R.S.」も楽しみですね。




トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#70 タイミングベルト交換 [ABA-NK4M]

我が家にきて5年目を前に早60000kmに達しました。

無理しないように大事に乗っていますが、消耗品には勝てません。特にゴムや樹脂に関しては注意が必要です。このタイミングで交換できるものを見てもらいました。ありがとうございました。

無題.jpg

DSC_0356.jpg
DSC_0357.jpg
DSC_0358.jpg
DSC_0359.jpg
DSC_0360.jpg
DSC_0361.jpg
DSC_0362.jpg

ファンベルトにひびが入っているくらいで大きな不具合やへたりもなさそう。

年末を前に財布に会心の一撃です。onz…
わかってはいますが、60000kmで交換とは何とかならないものでしょうか。

カレンダーもらいました。うれしいです。
DSC00353.jpg
国内販売されている車種の写真ばかりですが、ESPACEやTALISMAN、MASTER Fourgonなんかも載っていればテンション上がったのになぁと勝手に思いました。




トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

エクストレル20X 試乗 [ABA-NK4M]

今更感満載ですが、代車でむりむりお借りしたからです。ありがとうございました。
現在は3代目です。どんどんとでっかくなりました。

エクストレイルといえばなんといっても初代です。
角を意識したデザイン、タフギアなイメージ、オールモード4X4搭載。
当時はスキーをしていたため、ずいぶんと魅力的に映りました。
買いませんでしたが。

モデルチェンジを繰り返すたび残念な感じがしましたが、現行は欧米で売れているとのこと。「ローグ」として活躍中です。

派手になるVモーション。
DSC00320.jpg
DSC00319.jpg
DSC00322.jpg
DSC00325.jpg
いまとなっては一世代前のデザインになりました。今度は今のセレナやノートのデザイン思想に基づいたものになるでしょう。(たぶん)

国内販売はすべて2.0Lになり直噴のMR20DDエンジンです。海外では2.5L QR25DEエンジンもあるそうですが燃費性能を重視する国内需要を想定すればわざわざコストを掛けてラインナップする必要もありません。動力性能は十分です。
DSC00323.jpg
このグレードの燃費は15.6km/L(JC08モード)となっています。
田舎道でアクセルのコントロールによる加減速をしっかりやればカタログ燃費も簡単に出ます。それ以上は難しいようです。市街地だと10-12km/L位でしょう。
もちろん、アクセルブレーキのON/OFFしかできないような人にはこの数値は無理です。

低速時にはエンジンのざわざわした音が気になりますが、中高速になれば走行音と相まって気にならなくなります。ラジオ・音楽も十分傾聴できます。
どうしても気になるという方はセダンを乗ればいいのです。求めること自体が間違っています。

ALL MODE 4×4-i、使ってみたい。一般公道ではその機会は全くありません。
DSC00317.jpg
DSC00318.jpg
シートヒーターまであります。おっさんにはありがたいです。

後部座席も余裕たっぷりです。逆に狭かったら存在意義すらありません。
DSC00324.jpg
なんとこの車は3列シートでした。割愛します。

普段好んでこの手の車を乗ることはありません。私にとっては、どうしてもロールが大きくなるので不安になってしまいます。ですので操舵に関することは言及しません。
扱いやすいし快適装備も充実しており、スキーをしていればもしかしたらもありましたが、今となっては100%ありません。車高が高くて見晴らしがいいのがお好みであれば快適と思われます。

こうなると他の車も気になります。新CX-5も発表になりました。


ところでこの車に限ったことではありませんが、気になったことが二つ。

一つ目はトランスミッションの制御です。
減速時にエンジンブレーキがかかるので燃料供給が停止し、超低速になるとクリープに移行するため燃料供給が再開する一連の過程で、減速から加速に転じるような感覚があります。
減速しているにもかかわらず前に進もうとする挙動。
ブレーキを一定圧に掛けていてもそれを境に踏みしろを増してあげる必要があること。
操作している側にとっては非常に不安にさせます。
これを利用すると、住宅地を20km/h以下で走行しているときに条件さえそろえば、エンジンブレーキ->クリープ->エンジンブレーキ->...と前後にぎっこんばったんと走行することが可能です。だれもこんなことしませんが。
日産のCVT全般にいえるようですが、弱い・躾がなっていないような感じです。

二つ目はアイドリングストップの制御です。
ブレーキング後速度が0km/h時にしっかりブレーキペダルを踏み込まないと動作しない。
ちょっとでもブレーキペダルをゆるめるとエンジンが再始動する。
いろいろな状況を想定しての制御です。難しいと思います。人によっても感じ方が違うでしょう。
なかなか気を遣ってアイドリングストップをします。この制御は他社の方が勝っていると思います。

どちらもe-Poworや100%EVになればあまり関係がなくなります。
あぁ、スキーに行きたくなりました。




タグ:試乗記
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#69 TWINGO ラッピングカー? [ABA-NK4M]

こんなの見ました。
DSC00299.jpg
DSC00301.jpg
DSC00300.jpg
DSC00305.jpg
DSC00303.jpg
DSC00302.jpg

ピエール・エルメ X 二コラ・ビュフ「2016-2017秋冬新作商品」だそうです。
かわいいです。

なんといっても日本未導入の5MTです。
ルノージャポン所有のものではないそうです。

これから導入予定だそうですが、このカテゴリで5MTにどれだけの需要があるかわかりません。
それでもニッチなところを攻めてくるのがいいところです。



タグ:Twingo3
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ノート e-POWER 試乗 [ABA-NK4M]

DSC00212.jpg
「燃費37.2km/Lを達成しコンパクトカークラストップに」ということを大きく報じていました。
ビックマイナーチェンジと同時発表です。

エンジンを発電機にというところはホンダ アコードと同じ考え方。
アコードは新開発のエンジンを搭載しましたが、ノートはこれまでのHR12DEエンジン。
最近の日産は、既存のものをうまく利用して、というのが多いです。
SPORT HYBRID i-MMDとの違いは、エンジンが駆動軸に直結しないことです。
DSC00209.jpg
発電機、モータは直接見ることができませんが、存在感たっぷりです。
通常のバッテリーはトランクルームの下になります。
DSC00210.jpg

ガソリン車との違いがはっきりしています。
DSC00213.jpg

駆動用バッテリーはシートの下です。
DSC00211.jpg

以前にDラー向けの販促リーフを見せていただく機会がありました。
もしかしたら燃費40km/Lオーバー?という期待もありましたが、アクア越えが精一杯のようです。
レンジエクステンダーEVとしてはややもの足りないものとなりましたが、現行ノートのエンジンに発電機、同期電動機を搭載したものであるので、かなりがんばってのことと思います。
改めてトヨタのハイブリッドシステムの秀逸さも感じます。

アクアは、エンジンが74PSを発生する1.5Lの「1NZ-FXE」型+45kWの同期電動機。
対してエンジンが74PSを発生する1.2Lの「HR12DE」型+57kWの同期電動機(パンフにEM57と書いてありました。)。たぶん。
違いはなんといっても室内空間です。アクアはあまりに狭くて驚きましが、ノート e-POWERはガソリン車とほとんど変わらす驚きました。

特筆すべきは、その価格です。
販促リーフを見ながら、もしかしたら200万を切る値段?
と話をしていたところベースグレードがまさかの196万。
航続距離が600kmを超えるであろうEV車が、200万を切る時代になったということです。

Dラーから展示車の案内を頂き見てきました。
展示だけでしたので乗ることはできませんでしが、構内での試乗ができました。ナンバーがついていないので。

Vモーションはかなり派手になりました。
外観は曲面から線を意識したものとなり、だいぶ精悍になりました。これは新型セレナに共通する部分と思います。マイナーチェンジ前のつかみ所のないものからだいぶよくなったと感じます。
日産のデザインも統一感が出ています。これがいいかどうかはわからないです。コケればすべて終わりだからです。

内装はなんといってもここ。
DSC00207.jpg

そして e-POWERドライブの最大の売りが「Sモード」と呼ばれるものです。
DSC00208.jpg
モードセレクトをするとディスプレイに「S」と表示されます。

「アクセルだけで加減速」とパンフレットに書いてあります。
いまいちわからない表現でしたが乗ればすぐわかります。
アクセル操作だけで、0スタートからほぼ0ストップまでリニアに速度をコントロールできます。
まるでゴーカートのようです。もはや自動車ではないようです。
つい癖でアクセルオフにすると強烈な回生で車が止まります。
慣れも必要ですが、とても面白いです。

電動機の特性をよく活かしよく制御されています。リーフで培った技術が反映されています。
このSモード。リーフにもつけてほしいです。
リーフ販売当時でも十分可能な技術であったと思うのですが、早すぎる技術だったのだと思います。
このSモードに乗ってしまうと他の車が乗れなくなってしまうことを懸念してのことでしょうか。
ブレーキランプが点灯しないことで後続車が追突するかもしれません。衝突防止機能が普及したのも大きな要因かもしれません。

一番の懸案は室内への振動です。
マイナーチェンジ前では60kmの巡航時でもシート下から突き上げるような3気筒特有の振動があり、閉口してしまいました。マイナーチェンジ後に見直ししているか、気になるところです。

今回は構内のみの試乗だったので、30キロくらいの速度でしたが、発電のためのエンジン始動時での雑な振動もなく、室内も静かです。
高負荷での運転ができませんでしたので、エンジンが高回転になった時の挙動はわかりませんでした。
重量もだいぶ重くなっていると思うのですが、足回りも気になります。

おもしろい車がまたでましたが、最近の主力はミニバンか低燃費車しかないのがさみしいです。

-------------------追記-------------------

ノート e-POWERにナンバーがつきましたと連絡があり行ってきました。

公道でe-POWERが試すことができます。
DSC00208.jpg

発電のためのエンジン始動時での雑な振動もなく、室内も静かです。発電のためにエンジンをON/OFFを繰り返しますが、その際の振動もシートに伝わることはありません。
気になることが一つ。
この車の個体特有なのかわかりませんが、いろんな振動がハンドルに伝わってきます。空調ファン、ワイパー動作、ラジエータファン…でしょうか。ですが、走行時には全く気にならなくなります。

とにかくこのSモードの制御は秀逸です。少しの慣れが必要ですが問題ありません。ついアクセル0にしてしまうことがありましたがかなりの回生がかかります。
前述しましたが日産のCVTで嫌だった超低速時のコントロールが、e-POWERではアクセル操作のみで行えます。渋滞時や信号待ちなどではブレーキに足をかける必要がありません。アクセルオフにするとブレーキランプが点灯するそうです。今回の運転でどのタイミングで点灯しているか気になります。絶対に見られませんが。

無理を言ってお願いをして、5%位の勾配坂を上り下りさせていただきました。ありがとうございました。
上り坂での高負荷でもエンジン音が少し大きくなりますが、走行音で気になりませんでした。エンジンの回転数を見ることはありませんが、行儀の悪いことはありません。アクセルを踏めば操作に応じてリニアにグイグイと登っていきます。
下り坂はアクセルの開度をみながら速度制御と回生をしています。ブレーキは必要ありません。

改めて自動車の特性と同期電動機の特性がよくあっていると感じました。

webCG の記事で河村康彦氏が書かれている記事に下記のような記載がありました。
「現実には、シリーズハイブリッドシステムの持ち主以外の何物でもないのがこのモデル。それを、無理やりに“電気自動車の一員”として紹介しようというやり方には、正直なところ個人的にはどうにも賛同はしかねるものだ。そもそも、たとえ“100%電気自動車”であっても、それが真に環境に優しいモデルであるか否かは、それがいかほどのエネルギーを用いて生産され、そこにチャージされるのがいかなる方法で生み出された電気かによって左右されるもの。
そうした論点を抜きにして、EV=エコカーと断言するのは、ある種世間に対する背信行為と言っても過言ではないだろう。」
だそうです。

発電に関わる燃料や発電効率、発電コストを考慮した発言とはとても思えません。
各電力会社から送配電され一般にも使用されている電気は、当然EVの充電にも使われております。どこで発電しようと電気であり、ガソリンを燃料とした発電機を有して同期電動機で駆動力を得るこの車は明らかに電気自動車です。
また、「この論点を抜きにして、EV=エコカーと断言するのは...」というのもよくわかりませんでした。限られた字数なのでいたしかたありませんが燃料消費が他のガソリン車よりも少ないのも明らかです。
何をもってエコカーと定義されているのかこれまでの記事を見てきたわけではありませんのでわかりませんが、エコカーと言えるのものに乗っているからといってエコとは限りません。う○こが漏れそうなのかと思うくらい急加速や追い越しをくりかえしながら走るハイブリッドカーは腐るほど見ています。

webCGの記事はよく拝見して勉強させていただいていますが、なんとも残念な記事です。






タグ:試乗記
コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:自動車

セレナ 試乗 [ABA-NK4M]

セレナハイウェイスターシリーズだったと思います。
写真はありません。詳しくはHPを参照ください。

別用で伺った際に試乗させていただきました。
「ぜひ試乗していってください。」
紹介する側もうれしそうです。
ちなみに私がミニバンを購入することは万に一つもありません。
カングーならいいかも。と思っているくらいです。思っている理由もはっきりしませんが。

新型車発表が2年半ぶりだそうです。その間三菱自動車工業のとばっちりもありました。
氷河期とも呼べるくらいの時期をやっと抜け出しての新型車。
しかもミニバン販売数No.1のセレナです。ずいぶん力が入っています。

外観です。
限られたパッケージのなか各社とも違いを出すのが大変のようです。
ヘッドライトを分割した形状はもはやトヨタのヴォくシーと違いを見出すのが難しいです。
私が好きでないメッキのVモーションが日産であるとの証明です。
サイドやリアゲートのラインを見ているとデザイナーの苦労がしのばれます。

今回の注目はデュアルバックドアです。よほど背の低い方ならまだしも
私くらいの背であればアクセスは抜群です。日産の得意とするところです。

ハンズフリーオートスライドドアはコツをつかむまで何回か試しました。
実際に使うかはわかりません。でもいつ使うかわからないものをつけてくることにすごさがあります。

いろんなところで紹介されていますが、多彩なシートアレンジ。
特に2列目の可動域は秀逸で3列目のアクセスも容易にしています。
2列目シートのスライドは自在で何の乗り物のシートかわからなくなります。
いい意味で気持ち悪いくらい動きます。

3列目シートからスライドドアへのアクセスも文句ありません。
スライドドア開閉のスイッチ。2列目シートを動かすためのフットレバー。
できないことを探すのが難しいくらいです。

ここがあと少しというところを徹底的につぶしてきています。
ミニバン販売数No.1です。フィードバックも相当あるのでしょう。
それをつぶさに潰している今回のセレナは相当気合が入っているようです。

試乗しましたがミニバンの運転の経験がほとんどないためによくわかりません。
この手の車は、運転する楽しさよりも、家族や同乗者と同じ時間と空間を共有し、
その全員が快適に移動できることに大きな意味があるのでしょう。

私がミニバンを購入しようと考えているなら第一候補です。
買いませんけど。m(__)m




タグ:試乗記
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ひょんなところでNSX [ABA-NK4M]

通りがかった東京駅でNSXを発見。
知らなかったので動揺しました。
DSC_0321 - コピー.jpg
Hondaウエルカムプラザ青山にいけばいいのでしょうが、ただの冷やかしもいいところなので。
超かっこいい(*^_^*)実車初めて見ました。
DSC_0314 - コピー.jpg
DSC_0319 - コピー.jpg
DSC_0325 - コピー.jpg
DSC_0327 - コピー.jpg
s-DSC_0317.jpg
s-DSC_0318.jpg
s-DSC_0316.jpg
s-DSC_0315.jpg
s-DSC_0320.jpg
DSC_0324 - コピー.jpg
こんなタイヤ。305/30/ZR30。
スタッドレスあるのか?買ったら工賃込みでトータル150万するのかな?

ため息混じりで帰りました。
心配いりません。オーナーさんになれる経済力もなければ、入る車庫もありませんonz...




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ロードスター S Special Package 6AT 試乗 [ABA-NK4M]

今更ですが、ND5RC型
ロードスター S Special Package 6ATに試乗してきました。
写真はありません。徒歩で散歩がてらに寄ったので。

前述したとおり、次の車は後輪駆動がターゲットです。
ライトウェイトスポーツand後輪駆動となるとおのずと選択肢が限られます。
本当は6MTがいいのですが致し方ありません。以前はあったそうです。

いいところは語りつくされているので気になった部分だけを書いてみます。

外観です。
鼓動デザイン。フロントの制約からか顔つきはかなりシャープです。
ヘッドライトとフロントグリルだけでマツダデザインを表現できないためか
ボンネット全体で表現しており、一見すると丸っこいリアとの整合性が難しいですが、
マツダデザインと一目でわかる造形です。
デザインは難しいです。

シートはあまりいい話は聞きません。
確かこの「ネットシート」は、にしっくりこない人には耐えられないでしょう。
座面をネットにしてある程度沈みこませて、両サイドのウレタンでホールドする。
張りの強いハンモックのよう。
レクサスでもネットシートが発表になりましたね。
腰が痛くなるかもしれないかもしれない。
私だったら(?)シートは多分バケットシートに入れ替えます。

ハンドル。
持ち手部分が細く、ハンドル径が大きい。しかもどこを持ったらいいかわかりませんでした。
AutoEXEのスポーツステアリングホイールに変えられるオーナーさんもいるそうです。
現行になり女性オーナーさんが多くなったととDラーに聞きました。
女性オーナーさんはAT車をチョイスされる方が多いそうです。確かに女性にはいいかもしれません。

フロアシフト部分が熱い。
ここはDラーも認めている部分でした。
左足ふくらはぎの外側がしっとり汗をかきます。
常に接している部分になるかと思うので改善してほしい部分です。

ハンドルの遊びが多い。
Dラーの話によるとアクセラ等よりも遊びが多くなっているとのことです。
「人馬一体」「意をもって操作すれば素直に応える」
とあったのでハンドル操作に対してリニアな挙動を期待していましたが、
思っていたよりもはるかに超える緩慢さにイライラするときもありました。
なるほど初心者の私が馬に乗ればうまくいかなくて当たり前。
歴代オーナーさんは人馬一体のように操れるのでしょう。

Dラーの話によると「クイックな操作感による運転時の疲労を軽減する...」
教科書のような説明が帰ってきました。
この車を選択する時点で運転時の疲労うんぬんを問うオーナーさんがどれだけいるのかわかりません。
操舵感覚は86のほうがしっくりきました。
自分でチューンすればいいのでしょうが素人の私には難しいです。

マツダのDラーは、これまでの経験からネガな印象しかありませんでした。
記憶が薄れるほど前にここに寄った時は相手にもされませんでした。
知人はここの整備工場でトラブルがありました。
二度と来ることもないと思っていましたが、
NDロードスターはやっぱり魅力的です。
近くで見てみたいという欲求を抗することができませんでした。

徒歩でふらっと寄っただけなのに丁寧な対応をいただきました。
ありがとうございました。


頑張ってケチをつけてみました。
いろいろと書きましたが、要は欲しいだけです、妬ましいのです。
次期バージョンアップは必ずあるでしょう。
ますます妬ましくなるだけです(-_-;)



タグ:試乗記
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#68 TWINGO INTENS 試乗 [ABA-NK4M]

TWINGO INTENS Canvas top  を試乗しました。

DSC_0301.jpg
カラーはブルー ドラジェ、ブルーインテリア
なかなかおしゃれです。写真は少なく申し訳ありません。
詳しくはHPからお願いいたします。

外観はなかなかかわいらしいです。
さて使い勝手はどうでしょう。まずトランクを空けます。
ご存知の通りRRレイアウト。結構な断熱材の下にエンジンがあります。
とはいってものエンジンの熱がだいぶ上がってくるようでトランクはあったかいです。
エンジンがある分床も高いので、さほど容量は大きくないようです。

リアシートに乗り込みます。
微妙にくぼんだ座面が足の置き場を落ち着かなくなるさせる感じがします。足元は窮屈ではありません。
ヘッドクリアランスはありません。頭がつきます。身長173のおっさんです。
最近のルノーはデザインに傾倒し、実用性をスポイルしたものが多く気になります。


さて運転席です。
ポップはシートは見た目よりもずっと座りやすいです。ここはやっぱりフラ車です。
ペダルレイアウトはどうもいまいちな印象。悪くはありませんが、いいとも言えません。
足元は奥のほうに妙な盛り上がりがあり、左足の置き場がたまに困ります。
パワーウィンドウスイッチへのアクセスは困難です。肩がつりそうになります。

走ってみます。
6 速EDCは素晴らしいです。このエンジンとの相性もいい感じです。
相変わらずエンジンマウントに工夫が凝らされているのか、3気筒とは感じられません。
走っているときはもちろん、止まっているときはアイドリングストップもあり不快な振動はありません。
この辺は国産車も大いに見習ってほしいです。

困ったのはハンドリングです。
今まで乗ったルノー車は、どれでもルノーっぽさがありましたが…
この試乗ではなかなか感じることができませんでした。
これまでのルノー車は、交差点左折でのハンドル切り増しや切り戻しは記憶にないくらいでした。
今回は何回かやっている自分にびっくりしました。
RRレイアウトによる違いが自分には大きいのかと感じました。

DSC_0302.jpg
ボンネットは簡単に開けることができません。
ウォッシャー液等の補充などメンテナンスで開けるくらいです。
荷物置き場もなく、キーがないと開けることもできないので簡単にとはいきません。
ロックを外してもぱかっと開くわけでもなく、滑るように少し開き中が拝めます。
いまいちな説明で申し訳ありません。開けるための儀式が多くて表現できません。
詳しくはDラーで。

いろいろと駄文を並べましたが、愛らしいこの顔はきっとオーナーさんに
素敵な時間を与えます。 Canvas topを開けて一緒に共有できる時間は
想像する時間を使うに値します。

Renault sportバージョンはどうなるでしょう。
ワイドトレッド化+オーバーフェンダー
エンジン容量アップ
2シーター化?
夢がふくらみます。こんなことをしたら間違いなく売れなそうです。
次の車は後輪駆動をターゲットにしています。
期待したいです。








タグ:試乗記 Twingo3
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール#67 カーボンシート フューエルリッド再 [ABA-NK4M]

フューエルリッドにカーボンシートを貼っていました。
貼ったからどうだということもなく、ただのかっこつけです。

ところが...
購入した高圧洗浄機で洗車。
もちろん白いラインやカーボンシートのところは直接あたらないように注意していましたが...
何の弾みか直撃。木っ端みじん...onz

もともと貼りが甘く、浮いていた部分もあったのですがバラバラになるとは。
ということで、新調することにしました。
またデザインカッターでがんばる気にもなれず。

CAD+レーザー加工機。
IMG_0065.JPG
大量生産。(^^;)

見てのとおり、焼き切るので設計よりも小さくなります。この場合は内側に0.5mm小さくなりました。
ですので、レーザー径は1mmということになります。
決まっているわけではなく、試し切りをしてみておおよそ計測した結果です。

焼き切る分も考慮して設計しています。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車