So-net無料ブログ作成
検索選択
東日本大震災 ブログトップ

3.11におもいを [東日本大震災]

ランドセルを背負うはずだった、中学校の制服を着るはずだった子どもを思い描き、ランドセルや制服を購入する保護者の方が取材されている報道を見ました。使ってくれることを想像するのは容易なことではないと思いますが、その思いが届くことを切に願います。

明るい話題もありました。東松島市立宮野森小学校の校舎が完成したというニュースです。東松島市の野蒜小と宮戸小が統合してできた小学校です。木造のとてもすてきな校舎でした。以前、震災後に野蒜地区に伺ったときは野蒜小まで足を運ぶことができませんでした。時間がなかったとはいえ残念だった記憶がよみがえってきました。当時1年生だった児童を、新しい校舎で学ばせたいと建設が急ピッチで進められたそうです。

自分の天下りしか考えていない官僚や、教育勅語を幼児に暗唱させ、「安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ、安保法制国会通過よかったです。」と言わせ喜んでいる輩には一生理解できないことです。

ニュースでは元気に走り回る児童の様子が見られました。震災の記憶のない児童もいるかと思いますが、きっと未来を明るく照らし復興を後世に伝えてくれるはずです。




トラックバック(0) 

3.11におもいを [東日本大震災]

P1050662.JPG

女性はいつまで経ってもお雛様を飾ることは嬉しいそうです。
私にはうまく理解することはできませんが、今年も小一時間かけて飾りました。
飾ったあとは一緒に写真を撮ります。毎年笑顔です。

4年前、多くの家に子の幸せを願い飾られていた多くのお雛様が、あの黒い津波に飲み込まれました。
冷たい海に流され漂い、幸せを見守ることなく冷たい海に沈んでいったことでしょう。

そして今、飾られることなく見守られる人もないお雛様が深い闇に身を置きながら、時がたちその身が朽ち果てていくのをただただ受け入れていくだけでしょうか。

見守り見守られ

今日も我が家のお雛様がここにある喜びを深くかみしめます。

石巻へ [東日本大震災]

クケちゃんのことで石巻に行きましたが、どうしても行きたいところがありました。

児童74人死亡・行方不明となった石巻市立大川小学校跡です。

image-20130622213022.png

震災直後のがれきが散乱した様子とは違い、ずいぶんと片付いていました。

image-20130622213045.png

まわりは土木工事が進んで時間が経過しているのがわかります。
ですが、ここは時間が止まったような趣です。

image-20130622220951.png

よくみると草花が生い茂り、鳥が鳴き、虫たちが縄張りを争うように活動しているのをみるとここにも時間の流れが存在するのを認識することができます。
時間が止まった趣は、亡くなった子供たちを思う遺族の方の忘れたくない忘れられない思いがこの場の時間を強く押しとどめているのではないかと勝手に想像します。

image-20130622213129.png

元気で明るい声が響き渡っていたと思われる場所は、行きかうダンプの走行音に変わっていました。
外観から想像するにきっと素敵な校舎だったでしょう。ここで楽しく学び、遊び生活し、生活するはずだった筈です。あの日あの時が来るまでは。

image-20130622213151.png

もう二年以上も経ちました。そしてまだ二年しかたっていません。
昨日も今日も、明日も未来もない子供たち。そして残された者たち。時間の違いが大きく横たわり、乗り越えることも変えることも壊すこともできないことに、悩み苦しみ、そしてまた生きていく。
多くの方が直面したであろうことに、わたしは何もできませんでした。

image-20130622213202.png

二度と子供たちが訪れることのない校舎は、立ち入り禁止のロープが張られ、ただこのまま朽ち果てるのを待つばかりです。子供たちの訪れることのない校舎は一番の願いをこのままかなえることなくあの日の悲しい記憶を抱えたままただ建つことになってしまいました。誰が望んだわけでもないことをじっとこらえるように。

image-20130622213224.png

遺族の方が維持管理されているとのことです。訪れる人も絶えることがありません。
ですが過去に当然の光景だった楽しいこどもたちの声はひとつもありません。
誰一人声を発することなく、ただ静かに祈りをささげるだけです。

image-20130622213241.png

願わくばこの場所がまた子供たちの明るい声で埋め尽くされることを。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.11におもいを [東日本大震災]

はやいものでもう2年たちました。
いまでも強い揺れが来ると頭に恐怖が突き刺さりますし、震災後のつらい思い出がよみがえります。
立っていられないほどの強い揺れ。停電。ラジオから流れる断片的な情報。食料品の供給不足。ガソリン購入に並ぶ長蛇の列。
そのときの記録がメモ用紙に残されていますが、いい思い出が一つとありません。

幸いにして、いますんでいるところは震災地から遠くはありませんが、被害が大きくありませんでした。ですが、被災地ではいまだ復興が進まず、ふるさとに戻れなく避難されている方が本県にもたくさんいらっしゃいます。

各地で追悼式典がとりおこなわれたようです。

せめて、なくなられた方の魂がやすらかでありますように。

東日本大震災 ブログトップ